『オクトラ大陸の覇者』#68

ゲーム

スクエニのスマホRPG『オクトパストラベラー大陸の覇者』。

前回の記事ではバージョン1.4へのアップデートによる追加要素などについて書きました。

今回は「名声を授けし者」1章、ロロのトラベラーストーリーなど。

タイタス大聖堂前が復興していた

「名声」のメインストーリーにて、聖火騎士のサザントス達とエンバーグロウに赴きました。

そしたら今まで廃墟みたいになっていたタイタス大聖堂前の町が復興していてにぎやかです。

住民たちもいろいろ良いものを持ってて、今のところ「精霊のスカーフⅠ」が手に入ったのが一番嬉しいです。

酒場の前にいるセイクリッドボウなどをくれる女がかなり強く、全滅しかけました。

聖堂でシチュー食べて一泊

ストーリーを進めるとリンユウに再会します。

喜んでるのもつかの間で、彼女の友人であるミザが狂人に襲われそうになっているので助けます。

「黒緋」と呼ばれる組織が人を拉致し、薬を飲ませて狂人にしている様子。

今晩はみんなで大聖堂で泊まろうという流れになり、リンユウがみんなにシチューをご馳走してくれます。

ミザの父親が、いかに娘が可愛くて大切かを語るので、これはいわゆる死亡フラグなのではと心配していたら、やはり翌朝ミザが失踪してしまいます。

聖堂で聞き込み調査

ちょっと広くて大変だけど、大聖堂の中の人たちから情報を集めます。

失踪する人というのはだいたい懺悔室に行っていて、ミザも昨夜にそこに入っていったとの目撃情報。

そして兵士から、ヴェルノートの告発文を受け取り、内容からタルセット司教もタイタス事件に加担していたことがわかります。

タルセット司教を問い詰めると、エンバーグロウの教会で実権をにぎるためだったと白状します。

しかしながら彼は「黒緋」のことや最近の住民の失踪についてはやっぱり知らないとのこと。

懺悔室はモナリス司祭(ミザの父親)の管轄ということで、調査は続きます。

懺悔室に隠し扉発見。そして…

リンユウから懺悔室の鍵をもらい、中に入って調査していると手記の切れ端を見つけます。

別行動をとっていたサザントスも合流し、彼は懺悔室の壁から隠し扉を発見します。

そこから緋晶薬の研究室につながっているということでみんなで向かうのですが、その様子を伺うのがタイガン司祭。

(地下通路は「被験体」と呼ばれるモンスターがうろついていて、ここでセイクリッド系の素材を集められます)

奥まで辿り着くと、なんとモナリス司祭が拉致した人間を薬で凶人に変えています。

彼は学者でもあり、「神に娘を救ってもらうため」みたいなことを言って実験を続けていたのでした。

巨大化した凶人二人を退け、逃げるモナリスを追います。

モナリスはというと、失踪した娘リザのもとに行くのですが、リザの様子も普通ではなく、抱きしめてくるモナリスに薬を注射。

化け物と変貌したモナリス司祭がボスキャラとして立ちはだかる展開となりました。

(推奨レベル63らしいけど、そのレベルじゃたぶん倒せないだろって強さでした)

仲良しな親子に見えたのに闇は深かったようで、リザは「希望なんてない。あるのは欲望だけ」という意味深な言葉を残して逃げ去るのでした。

リザが神のように崇める存在がいて、またタイガン司祭もいろいろ知ってそうです。

そしてモナリスとリザは実の親子ではなく、お互いに弱みを握られて利用されていたようでした。

以上、謎解き要素の多いストーリーで、続きが気になります。

人と魔物の悲しい定め。ロロの物語

前回、ガチャ2回目にて運良く新キャラ狩人のロロを導きました。

メインストーリー進めたことで彼のストーリーも出現したのでやっておくことに。

場所はエンバーグロウの雪山で、ここに来たのはドミトリん家に行ったとき以来です。

冒頭で密猟者と間違われてロロから弓を射られ「避けたのすごいね」とか言われる。危ないだろ。

共に密猟者を追っていたら、最近は生活苦のため町民も密猟に関わっていることがわかりました。

寒いから毛皮を欲しがるわけで、ロロは一族秘伝の「風を通さない布」を町民に作り、すごく感謝されます。

でも再び密猟が行われ、今度は町外からやってきた連中の仕業だとわかります。

彼らに止めを刺さなかったことで不意打ちされそうになったところを「雪山の主」と呼ばれる巨大な狼の魔物に助けられます。

この魔物はロロが小さい頃、遭難事故から守ってくれた存在でもありました。

しかし雪山の主は領域を荒らされたことに怒り、魔物たちを引き連れて人間たちに復讐を始めます。

ロロは人間側と魔物側のどちらに立つかで心が揺れていましたが、狩人仲間がやられてしまったことで覚悟を決めます。

雪山の主を討ち取り、魔物たちに嫌われもう番人としての仕事はできないと悟ったロロは、今後は旅団に加わることにします。

相棒であるリスみたいな生き物ルールーもついてきてくれるのでした。

ティキレン導片集めと支援技の不発について

ティキレンとの再戦が日課になっています。

司会の男性も前衛の物攻・属攻・会心を上げてくれる強力な支援技を持っていることを最近知りました。

勝利したときにもらえる勲章は固定2個プラス1個・5個・10個・15個・20個のなかからランダムらしいです。

あと支援技関係の不具合として「全体攻撃の支援技を使った後に単体攻撃の支援技を使うと空振りする」とのこと。

これは敵が複数人いる場合の戦闘時に発生するようです。

ティキレン戦の場合では、歴戦住人の「全体弓4連」とヴィクターホロウ酒場女性の「単体クリティカル弓」の併用ができないということです。

次の記事に続く


【Amazon.co.jp限定】オクトラのサントラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました